香水の徹底分析

inteli マニア向け記事

 このページでは、香水の歴史・ストーリー・香りを徹底分析しているカイエ・デ・モード様にて、当サイトの管理人である私が、畏れ多くも協力・監修させて頂いた記事をまとめています。基本的には、知識・情報・考察の提供と内容の確認、補足をして、元の記事をブラッシュアップするような形で協力しております。ゲランの記事のみ完全に記事を制作し、カイエ・デ・モード様に提供し、編集頂いております。
 ぜひ、ご覧下さいませ。(現在84記事、協力中。黒字は予定。)

エルメス(Hermes)

アガールエベンヌ(2018、クリスティーヌ・ナジル)

ヴァニーユガラント(2009、ジャン=クロード・エレナ)

キュイールダンジェ(2014、ジャン=クロード・エレナ)

ジュールドゥエルメス(2013、ジャン=クロード・エレナ)

ミュゲポースレン(2016、ジャン=クロード・エレナ)

ゲラン(Guerlain)

サンタルパオロッサ(2021、デルフィーヌ・ジェルク)

ルイヴィトン(Louis Vuitton)

スペルオンユー(2021、ジャック・キャヴァリエ)(主に香料に関する情報提供)

キリアン(Kilian Paris)

キリアン香水聖典(キリアン・ヘネシーの人物像や歴史はこちら
以下は、発売日およびコレクション順。

コレクション:L’Oeuvre Noirの全て
2007年
A taste of Heaven, absinthe verte(楽園の味~アブサン ヴェルテ~、シドニー・ランセッサー)
Beyond Love, prohibited(愛の彼方に~禁じられた愛~、カリス・ベッカー)
Cruel Intentions, tempt me(残酷な意図~私を唆す~、シドニー・ランセッサー)
Liaisons Dangereuses, typical me(危険な関係~私らしい~、カリス・ベッカー)
Love, don’t be shy(愛~恥ずかしがらないで~、カリス・ベッカー)
Straight to Heaven, white crystal(楽園へまっすぐと~ホワイト クリスタル~、シドニー・ランセッサー)
2008
Prelude to Love, invitation(恋の前兆~誘惑~、カリス・ベッカー)
2009
Back to Black, aphrodisiac(暗闇へと逆戻り~媚薬~、カリス・ベッカー)
2010
Love & Tears, surrender(愛と涙~身を委ねて~、カリス・ベッカー)
2011
Sweet Redemption, the end(甘い救済~最終章~、カリス・ベッカー)
2019
Love, don’t be shy Eau Fraiche(カリス・ベッカー)
2021
Love, don’t be shy Extreme(カリス・ベッカー)

コレクション:In the garden of Good and Evilの全て
2012
Forbidden Games(『禁じられた遊び』、カリス・ベッカー)
Good Girl Gone Bad(『良い娘が悪い娘へと』、アルベルト・モリヤス)
In The City of Sin(『罪の都市の中で』、カリス・ベッカー)
2013
Playing with the Devil (『悪魔との戯れ』、カリス・ベッカー)
2015
Voulez-vous coucher avec moi(『私と寝ない?』、アルベルト・モリヤス)
2017
Good Girl Gone Bad Extreme(アルベルト・モリヤス)
2020
Good Girl Gone Bad Eau Fraiche(アルベルト・モリヤス)

コレクション:Asian Tales
2012 
・Bamboo Harmony(『竹取物語~竹の調べ~』、カリス・ベッカー)
2013
・Flower of Immortality(『桃源郷~不老不死をもたらす花~』、カリス・ベッカー)
2014
Imperial Tea(『大紅袍の伝説~皇帝のお茶~』、カリス・ベッカー)

コレクション:Addictive State of Mind
2014
・Intoxicated(ターキッシュコーヒーの中毒、カリス・ベッカー)
・Light My Fire(モンテクリストの葉巻の中毒、シドニー・ランセッサー)
・Smoke for the Soul(麻薬の中毒、ファブリス・ペレグリン)

コレクション:From Dusk Till Dawn
2017
・Woman in Gold(カリス・ベッカー)
・Gold Knight(パスカル・ガウリン)

コレクション:Carpe Noctem
2017
・Black Phantom – Memento Mori(シドニー・ランセッサー)
2018
Dark Lord – Ex Tenebris Lux(アルベルト・モリヤス)

コレクション:Boutique Exclusive
2013
Apple Brandy, New York(アメリカのニューヨーク限定、シドニー・ランセッサー)
2014
・On the Rocks, Moscow(現Vodka on the Rocks、以前はロシアのモスクワ限定、シドニー・ランセッサー)
・Single Malt, London(イギリスのロンドン、ハロッズ限定、シドニー・ランセッサー)
2015
・Lemon in zest, Lugano(スイスのルガーノ限定、アルベルト・モリヤス))
・Pearl Oud, Doha(カタールのドーハ限定、クリスチャン・プロヴェンザノ)
・Royal Leather, Mayfair(イギリスのロンドンのメイフェア、バーリントンアーケード限定、ファブリス・ペレグリン)
2016
・Noir Aphrodisiaque, Paris(フランスのパリ限定、カリス・ベッカー)

コレクション:The Liquors
2020
・Angel’s Share(天使の分け前、ブノワ・ラプーザ)
・Roses on Ice(フランク・フォルクル)
2021
Apple Brandy on the rocks(シドニー・ランセッサー)

その他
・Moonlight in Heaven(カリス・ベッカー)
・Rolling in Love(カリス・ベッカー)

フレデリックマル(Editions de Parfums Frederic Malle)

フレデリックマル香水聖典(フレデリック・マルの人物像や歴史はこちら
以下は、あいうえお順。

アウトレイジャス(2007、ソフィア・グロスマン→当サイト / カイエデモード様

アンジェリークスーラプリュイ(2000、ジャン=クロード・エレナ→当サイト / カイエデモード様

アンパッサン(2000、オリヴィア・ジャコベッティ→当サイト / カイエデモード様

イリスプードゥル(2000、ピエール・ブルドン

オードゥマグノリア(2014、カルロス・ベナイム

カーナルフラワー(2005、ドミニク・ロピオン

コロンインデレビル(2015、ドミニク・ロピオン)

コロンビガラード(2001、ジャン=クロード・エレナ)

サルゴス(2017、ファニー・バル)

シンセティックジャングル(2021、アン・フリッポ→カイエデモード様

スーパースティシャス(2016、ドミニク・ロピオン)

ゼラニウムプールムッシュー(2009、ドミニク・ロピオン)

ダンテブラ(2008、モーリス・ルーセル

ドリスヴァンノッテン(2013、ブルーノ・ジョヴァノヴィック

ノワールエピス(2000、ミシェル・ルドニツカ

ビガラードコンサントレ(2002、ジャン=クロード・エレナ)

フレンチラバー(2007、ピエール・ブルドン)

プロミス(2017、ドミニク・ロピオン)

ベチベルエクストラオーディネール(2002、ドミニク・ロピオン)

ポートレイトオブアレディ(2010、ドミニク・ロピオン)

ミュージックフォーアホワイル(2018、カルロス・ベナイム)

ムスクラバジュール(2000、モーリス・ルーセル)

ムッシュー(2015、ブルーノ・ジョヴァノヴィック)

ユヌフルールドゥカッシー(2000、ドミニク・ロピオン)

ユヌローズ(2003、エドゥアール・フレシェ

リスメディテラネ(2000、エドゥアール・フレシェ)

リップスティックローズ(2000、ラルフ・シュヴィーガー

ルパルファムドゥテレーズ(2000、エドモン・ルドニツカ

ローズ&キュイール(2019、ジャン=クロード・エレナ)

ローディベール(2003、ジャン=クロード・エレナ)

ルラボ(Le Labo)

Classic Collection(年代順)

2006
アイリス39(フランク・フォルクル)
アンブレット9(ミシェル・アルメラック
ジャスミン17(モーリス・ルーセル)
ネロリ36(ダフネ・ブジェ)
パチュリ24(アニック・メナード)
フルールドランジェ27(フランソワーズ・キャロン)
ベチバー46(マーク・バクストン)
ベルガモット22(ダフネ・ブジェ)
ラブダナム18(モーリス・ルーセル)
ローズ31(ダフネ・ブジェ)

2009
ウード27(ヴィンセント・シャラー)

2010
アナザー13(ナタリー・ローソン)

2011
サンタル33(フランク・フォルクル)

2013
リス41(ダフネ・ブジェ)

2015
テノワール29(フランク・フォルクル)
イラン49(フランク・フォルクル)

2018
トンカ25(ダフネ・ブジェ)

2019
べ19(フランク・フォルクル)

City Exclusive Collection(年代順)

シティエクスクルーシブコレクションのすべて

2006
チュベローズ40(ニューヨーク、アルベルト・モリヤス)
アルデヒド44(ダラス、ヤン・ヴァスニエ)

2007
バニラ44(パリ、アルベルト・モリヤス)

2008
ポアブル23(ロンドン、ナタリー・ローソン)
ムスク25(ロサンゼルス、フランク・フォルクル)
ガイアック10(東京、アニック・メナード)

2010
ベローズ26(シカゴ、フランク・フォルクル)

2013
リメット37(サンフランシスコ、フランク・フォルクル)
ベンゾイン19(モスクワ、フランク・フォルクル)
キュイール28(ドバイ、ナタリー・ローソン)

2017
ムースドシェーヌ30(アムステルダム、ダフネ・ブジェ)

2019
ビガラード18(香港、フランク・フォルクル)
タバック28(マイアミ、フランク・フォルクル)

2020
シトロン28(ソウル、ダフネ・ブジェ)

2021
セドラ37(ベルリン)

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
マニア向け記事
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント