Magnolia
マグノリア

マグノリア 香料ま行や行ら行わ行

 フランス人の植物学者Pierre Magnol(ピエール・マニョール)にちなんで名前がつけられたマグノリアは最古の花の1つで、200以上の種類があります。1億年前に出現したとされるハチよりも起源が古く、恐竜のいた時代から咲く大きな白い花になります。主にアジア(日本と中国)とアメリカ(ルイジアナ・ミシシッピの州花)で栽培されています。

 モクレン科の総称として、マグノリアと名付けられており、木蓮もマグノリアの1つになります。香料として使用されるのは、タイサンボク(泰山木、Magnolia grandiflora)という種になります。

 香りは、シトラスのニュアンスを持ち、ライチのようなフルーティーを持つ香りです。初めて香水でエッセンスが使われたのはTocade(ロシャス、1994、モーリス・ルーセル)と言われています。モーリスが使用するのは、michelia centifloriaという種のマグノリアで、自身のサインとして様々な香水に忍ばせています。

香料になったマグノリアフラワーオイルは甘く、ブチブチと熟れて発酵したベリーのような香りがします。天然の花の香料で、珍しくフルーティ要素を持っています。

熟れた果実のトップノートが終わると、すぐにセージのようなハーバルな香りが強くなり、この二つの取り合わせが妙な感じの香料です。

また、caryophyllene(注:クローブの香りに含まれる香気成分)の渋い枯れたウッディな匂いもします。

大沢さとり
この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料ま行や行ら行わ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント