Ambroxide
アンブロキシド

アンブロキシドの構造図 合成香料

 アンバーグリスの香りの主成分の1つで、花王Ambroxan(アンブロクサン)フィルメニッヒ社Ambrox(アンブロックス)の名でもよく知られています。1950年代にアンバーグリスの代替の香りとして発見された合成分子です。アンバーグリスは安定して手に入れることができる香料ではないため、代用品としてアンブロキシドがよく使われます。面白いことにアンブロキシドは、クラリセージから分離できるスクラレオールという物質からいくつかのステップを通して生み出されます。

 ドライで、アンバー、ウッディな香りで、塩っぽい面や肌のような香りを感じることもあります。非常に複雑な香りなため、香水をより複雑な香りにするベースとして広く使われます。また、分子の大きさが大きいため、肌に香りを保持しておくための保留剤でもあります。

 広まるきっかけとなった最初の香水はドルチェ&ガッバーナライトブルー(2001, オリヴィエ・クレスプ)と言われています。

アンブロクサンは、私をすごくワクワクさせる香料です。白黒の写真のようなもので、とてもモダンで、時代遅れ感を感じさせないのです。

ソニア・コンスタン
この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
合成香料香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント