Ambrarome
アンブラローム

 調香師Andre Fraysse(アンドレ・フレイス、ランバンのアルページュの調香師)の兄弟であるHubert Fraysseが、1926年に設立した香水製造会社Synarome(現在もある)でありました。Hubertが最初の仕事として、香水業界にアンバーグリスの代替香料として紹介したのが、このアンブラローム(Ambrarome)でした。

 パワフルなアンバーノートを持つ合成香料で、特にアンバー系シプレータイプの香水に使われ、温かく、アニマリックでレザー調の香りがします。アンバーグリスに似た香りもし、ラブダナムよりももっとアニマリックな香りになります。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント