Mimosa
ミモザ

ミモザ 香料ま行や行ら行わ行

 香料で使われるミモザは、2種類、学名をそれぞれAcacia dealbata Lam とAcacia floribunda Wildといいます(日本ではフサアカシアとも呼ばれる)。カッシーとミモザは近い親戚で、「種」だけ違います。海外では、ミモザは、単にアカシアとだけ呼ばれることが多いです。

 原産はオーストラリアで、諸説ありますが、ジェームズ・クック艦長により1776年にヨーロッパに紹介されました。フランスでは、特にタヌロン渓谷やテレル山地で大規模に栽培されています。Louis Vuittonのウールダプサンスでは、このタヌロン産のミモザが使われています。タヌロンではミモザ祭りも行われ、その年のベストミモザを決めることもしています。

 ミモザは、12月中旬から4月初旬に咲き、収穫高は年間、1ha(100m四方の面積)5000~6000kgになります。

 香りの特徴は、溶剤抽出法によるコンクリートは、花の香りとは異なり、イランイランイリスを思わせる香り、そこからアブソリュートになるとフローラル、アルデヒド調、グリーンな香りがあり、フルーティ調の香りもします。ちなみに、ミモザを香水に使うことを最初に提案したのは、ルール・ベルトラン社を作ったベルトラン兄弟になります。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料ま行や行ら行わ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント