Lavender
ラベンダー

ラベンダー 香料ま行や行ら行わ行

歴史

 シソ科に属するラベンダーは、ラテン語の「洗う」を意味するlavareに名を由来します。古代では、精油を入浴の際に使っていたためです。別の説では、「青みがかった(livid)色」を意味するlivendulaに由来すると言われています。

 フレンチラベンダーは甘いフローラルの香りを持ち、ドイツのラベンダーは高濃度のカンファーを含むためとてもシャープでアロマティックな香りがします。かつてはイングリッシュラベンダーがフレグランスの女王でしたが、今日、最高品質はグラース周辺でとれるラベンダーです。

 香水業界で使われるラベンダーとしては、もう一つラバンジン(Lavandin)と呼ばれる交配種も扱われますが、ラベンダーの香りとしては劣化版と言われます。ただし、精油の収率が高く、使用範囲は拡大してきています。清潔感があるため、石鹼や洗剤などのトイレタリー製品に使われ、カンファーが通常の6倍近くあるため、男性的な香りがします。

 ラベンダーのアブソリュートは、グリーンでリッチな香り、花より甘く、フローラルさは減り、ウッディな雰囲気もあります。アロマティックな香りがすることから、伝統的なフゼアノートに使われてきました。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料ま行や行ら行わ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント