Cardamom
カルダモン

カルダモン 香料あ行か行さ行

概要

 最古のスパイスの1つであるカルダモンは、ジンジャーやターメリックと同じショウガ科に属し、バニラサフランに次いで、世界で3番目に高価なスパイスでもあります。

 エジプトでは「天使の種(the seed of the angels)」と呼ばれ、かつて、クレオパトラが愛人であるマルクス・アントニウスがやってくる前にカルダモンを燃やし、王宮に香りを充満させていたと言われています。また、十字軍がヨーロッパにカルダモンを持ち帰ると、ミードヒポクラスというお酒として広く飲まれるようになりました。

香料として

 2~3cmの果実の中に5~20個の種子が入っており、この種子を乾燥させると芳香物質が採れます。熱帯地方の植物のため、低い温度では生きることができないようです。主な生産地は、スリランカやインド、ベトナム、グアテマラなどになります。

 カルダモンには二種あり、グリーンカルダモンとより大きなブラック(レッド)カルダモンがあります。

 グリーンカルダモンは、ミント調で、アロマティックな香りで、特にスイーツやコーヒーのフレーバーとして使われます。一方、ブラックカルダモンは、スモーキーでアーシーなため、噛んで食べることはせず、カレーのガラムマサラなどに使われます。

 カルダモンを抽出したオイルは、甘く、スパイシーで、バルサミックです。冷たさを感じることから、コールドスパイスの代表になります。

香水にカルダモンを使用すれば、帆を満たす風のように、香りを高揚させてくれます。カルダモンの香りは、豊かに広がり、氷河のような冷たさを持つのです。

ジャン=クロード・エレナ
この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント