Osmanthus
オスマンサス

オスマンサス 香料あ行か行さ行

 和名は木犀で、樹皮が動物のサイ(犀)の足に似ていることから名付けられました。白い花をつけるギンモクセイに対し、黄色い花をつけるものをキンモクセイと呼びます。キンモクセイはギンモクセイと比較し、より濃厚で甘い香りを放ち、中国では、お茶の香りづけとしてよく用いられます。

 香りは、プラムやアプリコットを思わせるフルーティな側面とスエード調のレザーの香りの側面があります。アブソリュートは非常に効果で、1kgあたり40万円以上~になり、最も高価な香水にのみ使われます。

 キンモクセイのコンクリートをヨーロッパの香水業界に初めて紹介したのは、1985年中国人と共同作業を行ったLMR社(ラボラトリーモニーク・レミー社)でした。
 また、キンモクセイを初めて香水に用いたケースは1000(ミル、ジャン・パトゥ、1972、ジャン・ケルレオ)で、1~2%使われていました。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント