Neroli / Orange Flower
ネロリ / オレンジフラワー

 ビターオレンジの花から採れる精油をネロリ(オレンジフラワー)と言い、枝・葉から採れる精油をプチグレンと言います。
 17世紀、イタリアのネローラ国の公爵夫人がワードローブの香りづけや入浴のアロマとして、初めてビターオレンジの花からエッセンシャルオイルを作りました。すぐにその誘惑するような香りは人民の間に広まり、彼女を讃え、ビターオレンジの花の精油はネロリと名付けられました。

 ネロリとオレンジフラワー(オレンジブロッサム)は全く同じ花を指しますが、抽出法によって呼び方が異なります。新鮮な採れたての花を水蒸気蒸留して得られる精油は「ネロリ」、溶剤抽出法によってコンクリートとして抽出し、その後アルコールで洗い、アブソリュートとして得られる精油を「オレンジブロッサム」と呼びます。

 ネロリはフレッシュでグリーン調のアロマティックな香りがするのに対し、オレンジブロッサムは新鮮な花の酔わせるような甘さと深みのある香りがします。ネロリがピュアなイメージがあるのに対し、オレンジフラワーは官能的なイメージがある香りです。共通するのは、どちらも太陽のような明るい側面があることです。

 最高品質の精油はチュニジア産と言われています。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料た行な行は行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント