Dihydrojasmonate(Hedione)
ジヒドロジャスモナート(へディオン)

 ジャスミンに含まれる成分で、透明感のあるフローラルに、シトラスのフレッシュさが伴った香りです。フィルメニッヒ社の科学者Edouard Demoleが1958年にメチルジヒドロジャスモナートを発見し、「喜び」を意味するギリシャ語「hedone」にちなんで、へディオン(Hedione)と名付けられました。

 初めてへディオンを使った香水は1966年Dior初のメンズ香水オーソバージュエドモン・ルドニツカ)でした。そして、1976年、ジャン=クロード・エレナは、ヴァンクリーフ&アーペルの最初の香水ファースト(First)で、その10倍の量のへディオンと天然のジャスミンを組み合わせることで輝くようなフローラルの香りを生み出しました。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
合成香料香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント