Chamomile
カモミール

カモミール 香料あ行か行さ行

 カモミールの名で知られる植物は、香りによって3つに分かれます。ワイルドカモミールローマンカモミールモロッカンカモミールです。

ワイルドカモミール

 ジャーマンカモミールブルーカモミールとも呼ばれ、最もポピュラーなカモミールです。エッセンシャルオイルは、濃いブルーで、香りは温かく、ハーバルで、フルーティー、甘いタバコのアンダートーンがあります。古代ギリシア語で、大地のリンゴという意味からカモミールと名付けられたのは、このためです。
 香水よりはフレーバーに使われ、フルーティーなニュアンスを与えるときに使われます。

カモミールブルーは花の香りというより、塩辛さと植物性のアンバーノートを持ちます。この香料には手焼きせんべいの要素、乾いた醤油の香りがします。

大沢さとり

ローマンカモミール

 イングリッシュカモミールもしくは、ガーデンカモミールとも呼ばれます。エッセンシャルオイルの香りの構成要素は、ジャーマンカモミールとは全く異なり、温かみとアロマティックな甘味、フルーティーさがあります。
 味は苦味があり、カモミールティーやリキュール用フレーバーに使われます。香水では、特にクラシックな香水で使われています。

 アルベルト・モリヤスが作ったグッチのメモワール デュヌ オドール(2019)は、ローマンカモミールを使った香水です。

モロッカンカモミール

 香水でよく使われるもう一つのカモミールで、地中海が原産になります。エッセンシャルオイルは黄色で、フレッシュなハーバルな香り、カンファーのニュアンス、バルサミックでアニマリックなアンダートーンがあります

 香水では、アロマティックな香り、フゼア系の香りで使われます。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント