Castoreum
カストリウム

 海狸香とも呼ばれ、ビーバーの香嚢から採取されます。ビーバーは肛門の近くに一対の香嚢を持ち、内部には黄褐色の強い臭気を放つ柔らかいクリーム状の分泌物が入っています。これは、ビーバーが自分のテリトリーを示すために使われます。

 香りは、タール調、レザー調ですが、ビーバーの食べ物によって変わるため、生息域によって香りが違います。この小袋を乾燥させ、それを粉末状にしてアルコールで抽出すると、香りはバニラ調、フルーティー調になるため、タバコやハチミツ風の香り、バニラアイスクリームの香り、ラズベリーやストロベリーの香りを強調させる香りとして、フレーバーも含め100年以上使われています。

 動物性香料ですが、あまり使用されず枯渇する心配がないため、天然香料が使われます。特に香水では、レザーのエフェクトを与えるために使われます。

↓他の動物性香料はこちら↓

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント