Tonka Bean
トンカビーン

トンカビーン 香料た行な行は行

トンカは二面性を持ち、様々な誘惑的な側面があります。ミルキーな甘さは惹きつけて止みませんが、一方で、柔らかさが現れることもあり、食べると驚くべき苦味があるのです。

フランソワ・ドゥマシー

 ブラジルやベネズエラといった南米で自生するトンカの木は、冬季に熟し、果実を自然落下させます。木が約20m以上の高さになるため、実を得るには、落下を待たなければならないのです。その後、収穫された果実は石製の道具により、殻とパルプ質を剥がし、褐色の皮を持つ果肉の中から、象牙色の豆を取り出します。ここから、トンカ豆とも呼ばれます。
 その後、日陰で乾燥させます。この乾燥の過程で、トンカビーンに特有の香りをもたらすクマリンが生成され、豆の表面に白い結晶が現れます。このクマリン特有の香りによりトンカビーンのエッセンスはキャラメルのような甘味を持ちます。ちなみに、トンカビーンのアブソリュートの90%はクマリンを含んでいます。

 香りは、アーモンド様・干し草様で、温かく、甘いバニラのような香りも感じられます。パイプ煙草には香りづけにクマリンが使われるため、アンダートーンはタバコの香りに似ています。

トンカビーンは、ヘイやタバコ、キャラメル、ピスタチオを思わせる甘い香りがする極めて重要な香料です。

ジャン=クロード・エレナ

 香水以外にも、食品やスイーツで使われることがあります。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料た行な行は行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント