Cedarwood
シダーウッド

cedar 香料あ行か行さ行

 シダーウッドは、セダーセードルとも呼ばれ、マツ科ヒマラヤスギ属の樹木になります。古代エジプトでは、シダーは楽園、大地、地下世界のシンボルであり、その香りは神聖なものと結びつくとされていました。レバノンでは国旗にもなっています。抽出は、チップ状にしたものを水蒸気蒸留や溶剤抽出法によって抽出します。

 モロッコ産アトラスシダーは、香水のベースによく使われるシダーであまり価格も高くありません。香りはウッディでフローラル調なものとしてラブダナムとともに使われます。
 アトラスシダーに香りが近いのが、ヒマラヤ産シダーです。

 アメリカのバージニア産シダーは、植物学的には、ヒノキ科(サイプレス科)にあたり、ヴァージニアジュニパーとも呼ばれます。鉛筆を作るために使われるため、ペンシルシダーとも呼ばれます。マイルドで、ウッディ、少しだけバルサミックで、甘さもあります
 ヴァージニアシダーに香りが近いのは、テキサスシダーです。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント