Cashmeran
カシュメラン

 別名ブロンドウッド(blond woods)カシミヤウッド(そんな名前の木はない)と呼ばれる合成ムスクのことで、1970年代にJohn HallというIFFの科学者が発見しました。Cashmeranという名前の由来は、カシミアウールの柔らかさと滑らかさを思わせる香りであるところからです。そのため、カシミアムスクと言われることもあります。
 単体の分子とは思えない複雑な香りで、わずかにスパイシー、レザー、ワックス、パチュリ、少しパウダリーといった複雑なウッディ調の香りがします。

 香水で最初に使われたのは、LouLou(ルウルウ、1987、Cacharel、ジャン・ギシャール)であると考えられています。また、ダナ・キャランのカシミアミスト(1994、Nicholas Calderone)は、カシュメランによって成功した香水になります。

 カシュメランはトップからラストまで香る香料と言われています。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
合成香料香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント