Calone
カロン

 1966年、製薬会社ファイザー(Pfizer)によって発見されたCalone(カロン、キャロン)は、別命ウォーターメロンケトン(Watermelon ketone)といいます。香料としては、マリン、オゾンのニュアンスを与えるために使われ、食べ物のフレーバーとしてはスイカの味や匂いをつけるために使われます。また、ランドリー製品に爽やかさを付け足すためにも使われます。

 香りは、キュウリの浅漬けのような、かなり濃度の濃い塩水の香りがし、わずかにスモーキーさもあります。カキの匂いや嵐の後の湿った空気の香りとも表現されます。
 また、合成のムスクと合わせることで、香りを長持ちさせることができます。

 ちなみに、天然香料でマリンの香りを作るとなると、海藻のアブソリュートが使えますが、かなり高く、しかもかなり濃くなります。

 カロンはリリアル(スズランのような香りがする)に非常に近い構造式を持ちます。2008年時点ではフィルメニッヒ社が商標登録を持っていました。

 最初に香水で使われたのは、ニューウエスト(1988、アラミス、イヴ・タンギーYves Tanguy)です。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント