Benzoin
ベンゾイン

 ベンゾインは、シャム産のStyrax tonkinensis(スチラックス・トンキネンシス)とスマトラ産のStyrax Benzoin(スチラックス・ベンゾイン)の二種から得られるものがよく知られ、その幹から抽出される樹脂のことを言います。
 安息香とも呼ばれ、樹脂はどろどろした粘り気のある液体で、昔は「ベンゾインの涙」と呼ばれていました。幹から滲み出る液体が涙のしずくの形をしていたため、昔の人は木が泣いていると信じたのです。安息香酸(benzoic acid)は、この樹脂の主成分であるためにその名がつきました。

 木を植えてから樹脂を取ることができるようになるまでには7年かかり、ラオスでは、収入源の1つとして40,000人の農民が携わっています。ヨーロッパでは医薬品の成分として抗菌作用があるとされており、呼吸器系の感染症を治療する医療面で使用されています。 また、ロシアの教会で使われるインセンス(お香)の主な構成成分の1つになります。

なので…

「お香の香りが好き!」という方は、フランキンセンスサンダルウッドだけでなく、ベンゾインを試してみるのもオススメです♪

 さて、アルメニア(旧ソ連)では、昔からベンゾインを屋内で焚くことで、家屋に良い香りを与えながら、同時に消毒・浄化も行っていました。19世紀末にオーギュスト・ポンソーがそのことを知ると、フランスに戻り、溶解したベンゾインに香料を加え、吸い取り紙に染み込ませることで、炎を出さずに香りを出しながら燃える紙を作りました。これがアルメニアンペーパー(Papier d’Armenie)の起源になります。Papier d’Armenieは商標登録されているため、日本では、「紙のお香」とか「ペーパーインセンス」と呼ばれています。
 これがインスピレーションの元になっているゲランのボワダルメニ(Bois d’Armenie、2006、アニック・メナード)は、アルメニアンペーパーを愛するアニック・メナードと時のディレクター シルヴェーヌ・ドラクルトによって作られています。

ちなみに…

Papier d’Armenieは、1885年にオーギュスト・ポンソーとそのパートナー(Henri Rivier)がパリでブランド(公式サイト)として生み出しています。アルメニア人であるフランシス・クルジャンは、Henri Rivierのひ孫と出会い、同ブランドでキャンドルを3つ制作しています。

 スイートだが甘ったるくなく、リッチだがヘビーではない、その香りにはバニリンが数%含まれています

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料た行な行は行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント