Gardenia
ガーデニア

ガーデニア 香料あ行か行さ行

 ガーデニアは日本でクチナシと呼ばれ、酔わせるようなホワイトフローラルの香りと刺激的なグリーンさ、土っぽいニュアンスがあります。

 シャネルのガーデニア(オリジナルは1925年エルネスト・ボーによって調香。現在のものは2007年ジャック・ポルジュによって再調香)は、元々、シャネルのお気に入りであったカメリアが香りを発さず抽出できないため、似た花であるガーデニアから生み出した香水になります。

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント