Rhubarb
ルバーブ

ルバーブ 香料ま行や行ら行わ行

 crimson stalk(深紅の茎)とも呼ばれるルバーブは赤色の茎を持ち、大きな緑の葉を持ちます。野菜としても扱われますが、アメリカではフルーツとして扱われています。
 かつては、ドラッグとしてオピウム(阿片)の3倍以上の価格で売られていました。香りはグリーンで、ラズベリーのようなフルーティさもあり、甘すぎないフレッシュさを持ちます

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料ま行や行ら行わ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント