Chrysanthemum
菊(クリサンセマム)

クリサンセマム_菊 香料あ行か行さ行

 菊(キク)は、英語でクリサンセマム(Chrysanthemum)と呼ばれ、ギリシャ語で「黄金の花」(Chrysos=黄金+anthemon=花)を意味します。日本では、秋を象徴する花として、鑑賞用だけでなく、食用もあります。野生はしていたようですが、平安時代あたりに中国から伝来したと言われています。

 香料としては、香水に使われるのは珍しい部類で、基本的には複数の香りを組み合わせて作ります。菊の香気は、ハーバルでカンファー調、グリーンであり、スパイシーな側面もあります。

 菊を使用した香水としては、古くはエスティローダーのプライベートコレクション(1973、Vincent Marcello)に使われ、最近では、クリサンセマム(ディメーター、2011)、Myths Woman(アムアージュ、2016)、De profundis(セルジュルタンス、2011、クリストファー・シェルドレイク)、Tian Di(フラッサイ、2017、オリヴィエ・ギロチン)があります。(もっと見たい方はこちら

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料あ行か行さ行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント