Black Pepper
ブラックペッパー

black-pepper 香料た行な行は行

 ブラックペッパーは、「スパイスの王」とか「黒色の金(かつて金と同じくらいの価値があった)」と呼ばれ、世界中で最も使われているスパイスの1つです。フランス語では、ポワブル(Poivre)と呼ばれます。
 精油は、少し刺激があり、温かみがあり、気分を高揚させるような香りです。ブラックペッパーの辛み・ピリッとする感じは、ピペリンという物質によるものです。

 原産は南インドのマラバールで、スリランカやマレーシアなど、暑く湿度の高い地域で育てられます。最大の生産国はベトナムになります。

これまで、私は自分の香水で一度だけブラックペッパーを使ったことがあります。シトラスやベチバーと一緒に使ったその組み合わせは、本当に素晴らしかった。シトラスの輝きとスパークリング感、ベチバーのアーシーな感じ、ペッパーのシャープさ、まるでコカ・コーラとフライドポテト、ハンバーガーのようでした。
ペッパーはメタリックで、とげとげしく、シャープです。しかし、カルダモンと比較するとペッパーの方が本当に扱いやすいです。プードルをブルドッグと比べるようなものです。どちらも愛らしいですが、プードルの方が大抵の場合、飛び跳ねたりするだけなのです。
 

アンディ・タウアー
この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香料た行な行は行
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント