『シャネルN゜5の秘密』

シャネルNo5の秘密 香水関連の書籍

書籍情報

書籍名:『シャネルN゜5の秘密』
(原題:The Secret of Chanel No.5 -The Intimate History of the World’s Most Famous Perfume)
著者:ティラー・マッツエオ
出版年:2011年
出版社:原書房

もっともミステリアスで、もっとも人間らしいのが、匂い。体が他人とどう調和し合うか、ってこと。

ココ・シャネル

書籍レビュー

秘密は、やがて伝説を作り出す。シャネルN゜5にまつわる物語は、秘密と伝説に彩られている。

『シャネルN゜5の秘密』より

 シャネル、そしてNo゜5を好きになる、いや、伝説を知り、畏敬の念を持って崇めるための本。No゜5という香水には、シャネルの悲哀と喜び、伝説が詰まっているということが隅から隅まで分かる一冊です。真の伝説には、嘘のような真実がつきまとうのだと分かります。

 実は、シャネルの香水というのは、常に崇められてきたわけではありません。なぜなら、ある時はドラッグストアで売られるほどのマーケティング戦略が行なわれていたからです。それはシャネル自身が望んでいたことなのか、彼女の栄光の影には何があったのか、オートクチュールとの関係はどのようであったのか、No゜5を紐解けば、ココ・シャネルのすべてが分かる、と言っても過言ではないでしょう。

 シャネルが好きな人はもちろんのこと、香水を好きになり始めた方にもオススメです。また販売員の皆様にとっても、役に立つ内容が詰まっていると考えています。

シャネルN゜5を何かにたとえるならば、美しい「モンスター」という表現が一番ふさわしいにちがいない。なぜならこの製品はそれ自体が生命をもっているから。

『シャネルN゜5の秘密』より

購入情報

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香水関連の書籍
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント