『22 perfumers』

書籍情報

書籍名:『22 perfumers – a creative process – 』
編集者:クララ・モロイ(Clara Molloy)
出版年:2007年
出版社:Editions PIRATE
言語:英語のみ

この本で22人の素晴らしい調香師たちにインタビューできたことは、私にとって一種のMBAのようなものでした。

インタビュー当時、調香師たちは皆、憂鬱な状態であることに私は気づきました。なぜなら、当時、マーケティング戦略がとてもひどく、調香師たちはそれに飽き飽きしていたのです。パリが世間で言われるような香水のクリエイティブな街であるなら、一体なぜ誰も行動を起こさないのだろうか?私はそう考え始めました。

そして、この本を置いてもらうために、ルボンマルシェに足を運んだのです。

クララ・モロイ

書籍レビュー

フランスの香水ブランドMemo Paris(メモパリ)の創業者であり、斬新で環境にクリーンな香水ブランドHermetica Parisエルメティカ日本代理店クララ・モロイ(Clara Molloy)現代を代表する22名の調香師(ex. ジャン・ポール・ゲランジャック&オリヴィエ・ポルジュソフィア・グロスマンジャン=クロード・エレナなど)に直接インタビューをし、その記録を本にしたものです。

 調香師のインタビューだけをこれだけの人数分、丸々載せている本は歴史上この1冊のみであり、もっと調香師のことを知りたい話のネタを作りたいという方にはオススメです。代表的な香水を作った背景から、その調香師の趣味など幅広くインタビューしています。

 ちなみに、巻頭には、セルジュ・マンソーの言葉が掲載されています。

私はいかなる調香師のトレーニングも受けていませんし、師匠や先生もいませんでした。だから自分の調香の仕方を自分自身で見つけたのです。私の場合、フォーミュラをイメージすると、色が見えます。これが私の視覚的なクリエイティブの側面です。

アルベルト・モリヤス

購入情報

Memo Parisのオンラインサイトから購入する

この記事を書いた人

香りの学び場「ルシェルシェパルファム」の運営者。
元香水販売員で、現在はとあるIT企業の管理職。
香水への愛が抑えきれず、自身の学んだことをはきだすサイトを作ってしまう。エルメス・フレデリックマルを主に愛用。

Rootをフォローする
香水関連の書籍
ルシェルシェアする
Rootをフォローする
Le Chercheur de Parfum

コメント